以前はあり得ないと考える人が大半でしたが

セフレと付き合うことに対して、以前であればあり得ないと考える人が大半でした。
もちろん、今でもそう思っている人は多いでしょうが、一方で賛成とまではいかなくても、否定はしないと考える人が非常に増えたのです。
その理由としては、昔に比べると今は独身の人も増えており、晩婚化がどんどん進んでいるので、結婚が当たり前の時代ではなくなったのです。
男女問わず一人の時間を大切にしたい人や、仕事を頑張りたいと思う人が多く、そちらを優先する傾向が強くなったのです。
ただ、人間である以上は性欲は満たしたいと思うわけですから、それで恋人の変わりにセフレを作るのです。
自分の時間を大切にしつつ、セックスのパートナーを作れるので、今の時代に非常にマッチしているわけです。
また、インターネットが普及して、出会いが多様化したことも1つの要因でしょう。
ネットで恋人を作るのも普通の時代になったので、同じようにセフレサイトなどで割り切りすぐやれる相手を探すのも、珍しくない時代になったわけです。
あとは、昔よりも今は個性であったり自由が認められている風潮があるため、「セフレを作るかどうかはその人の自由」と考える人が多くなったのです。

セフレ関係ではすぐやれる相手の名前すら知らないこともある

セフレの関係はお互いのことを干渉しないのが鉄則となります。
したがって、すぐやれる相手のプライバシーに関することは一切聞かず、必要最低限のことしか話さないのです。
例えば、恋人関係であればすぐやれる相手の住んでいる場所であったり、どういった仕事をしているのか、さらに過去の恋愛経験なども話したりするでしょう。
一方で、セフレの場合はそういった話は全くしませんし、セックスをする上で不要な情報は口外しないのです。
中には、お互いの名前すら知らないケースもあるのです。
出会い系サイト内のニックネームで呼び合って、すぐやれる相手の本名は知らないというパターンも決して少なくないのです。
よくよく考えれば、セックスをするのにすぐやれる相手の名前を知る必要はないわけですから、それも普通のことかもしれません。
お互いに干渉しないというルールを守ることで、気軽に付き合うことができますし、いつでも別れることができるわけです。
もちろん、本命のパートナーがいる人にとっても、バレるリスクを最小限に抑えることが可能になるのです。
そういう意味では、本来男女関係を結ぶ上で重要となるコミュニケーションも、セフレの場合はむしろ最低限に留めるべきなのです。