FXキャンペーンの特徴比較

banner

学んだこと

2014-02-01

FXのトレードですが、老人がするものと言うよりは若い人がするものだと感じました。
そもそも私がFXのトレードを始めたきっかけは、とある経済誌でFXのトレードが外国では若者中心で人気になっていると言う記事を読んだからです。
そこには、「オーストラリアでは30歳を超える男性であれば、半数近くが投資などで貯蓄を増やしている」とありました。

目から鱗でしたね。
だって、自分は投資なんてお金持ちがFXのトレードでも騒いでいるだけ・・・と思っていたからです。
また、日本人はFXのトレードなどのトレードで貯蓄を増やすと言うのは、30代後半から興味をもたれるそうですが、外国では20歳になったばかりの男女が投資などを経験されているそうです。
ちなみに、貧乏人とかお金持ちの人とかは無縁とされていて、どれだけ日本人の1人としてFXのトレードに無関心だったのが浮き彫りになった瞬間でした。
また、どうしてFXのトレードなんだろう?と思いましたが、こちらについても外国の場合には明確な指針があったりします。

まず、株などをやっていたりFXサイトでFXトレードをやっていたりしないと、貯蓄については10年間で500万円ほども差が出るようになっているのです。
わかりやすく言うと、日本で貯金をしていれば利子がつきますが、この感覚が外国人の場合にはFXのトレードと言うだけであったりするのです。

なので、外国人の場合は当たり前のようにファンドなども利用されていますし、日本人のようにFXのトレードは自分でするもの・・・という概念もないのです。

ですが、このFXのトレードについての記事を読んでからは、将来のお金の心配などあまりしないでも良いように、今のうちからFXのトレードをやっていこうかな・・・って思っています。
やはり、このようにFXのトレードの裏側を知っておくのも大事ですね。

カテゴリー: FX取引 

確率?バクチ?

2014-01-28

FXのトレードは、良くギャンブルのように言われていますがそうでもありません。
ギャンブルであれば、知識がないと「50:50」のような状態で勝つか負けるか・・・と言う感じでしょう。
ですが、FXのトレードの場合は「70:30」ほどで勝てるような勝負が多いです。
FXのトレードのレートについては、常に上がるか下がるか側から無い状態とされていますが、正確には上がる事の方が圧倒的に多いです。

実際にFXのトレードを利用していると、FX業者からどの通貨が買いなのかについては公表されていますので、そちらを参考にしてFXのトレードをするだけでも勝率は一気に上がるでしょう。
ただ、「やめるタイミング」については上級者であっても、FX業者であってもわからないものです。
その為、FXのトレードであっても50%くらいは負けてしまう・・・とされています。
ただ、「粘らずにやめてしまう」ようにすれば、決済が早いのですから損失は全く無いでしょう。
これがFXのトレードをやっていて、特に肝心だと思うのですが・・・まぁ人間ですから「良しやめよう!」でFXのトレードを仕舞えれば苦労はしません(笑)
いくら類似チャートを持ってきてFXのトレードの終了タイミングを見切ったとしても、チャートのものと過去と未来は同一ではありませんからね。

「今回は伸びそう!?」なんて思ってしまうと、どこで決済するのかなんてわからなくなってしまうものです。
ただ、あくまでもFXのトレードは健全に利用していれば安心の取引が何度でも行えます。
実際に10万円以上の稼ぎと言うのは難しいのですが、3万円を超える利益を月において出すだけでいいのであれば、確率的には常に50%以上の人が、FXのトレードにおいては存在していると言うデータもあるのです。
なので、専攻して情報を集めてFXのトレードをしている人であれば、全くバクチ要素が無いギャンブルのように感じますね。

カテゴリー: FX取引 

1千万円が吹き飛んだ人の体験談

2013-06-13

実に勉強になる体験談を耳にしてしまいました。
ある御仁がご両親の1千万円をFXで100円にしてしまったという体験です。

その人は、損切りはできる人です。そして、その人のやり方によるとパーセンテージだけで考えていたそうです。

例えば自分が適切と考えたポイントで、1千万円分の取引をしたとしましょう。

そして、50万円すなわち5%の利益が発生したら利益確定をするのだそうです。逆に20万円すなわち2%の損失になってしまったら、潔く損切りをするべきなのだそうです。

普通に考えると、このやり方ならば勝率が5割以下で無ければプラスになるはずですよね。ところが、その人の結果は上記の通りです。

1千万円が吹き飛んだのは痛いですね。それもご両親のお金というから、さぞかし大変だっただろうと思います。

それにしても、一体どういうポイントで取引をしてしまっていたのでしょう。とことん突き詰めれば、FXでは確率50%以上で勝てるはずなのです。それでも負けてしまうという事は、よほどまずいタイミングで取引してしまっているのだろうと察します。

この体験談から学べる事は、やはり「確実なタイミングでのみエントリーをする」という点に尽きると思います。

少しでも不安要素が有る時には、やはりエントリーをするべきでは無いのです。それを踏まえておかないと、上記の人のような羽目に陥ってしまうと思います。

それにしても損切りができてるのに1千万円の損失というのはすごい話ですね。皆様も気をつけましょう。

カテゴリー: FX取引 
Copyright(c) 2014 FXキャンペーンの特徴比較 All Rights Reserved.